【ライティング特化】オンライン英会話ベストティーチャーのメリットデメリット

オンライン英会話

複数のオンライン英会話があるけど、どのオンライン英会話が一番英語力が高まるのかな。
オンライン英会話の中でも、ベストティーチャーの特徴を知りたいです。

本記事は上記の悩みに答えていきます。

ベストティーチャーは「ライティング」を学べながらも、総合的に英語力を高められるオンライン英会話です。

ライティングを学ぶならベストティーチャー一択」ですが、受講する前に知っておくべきデメリットもありますので、メリットと合わせて詳しく解説していきます。

結論:下記に該当する人はベストティーチャーに向いていません

  • オンライン英会話の料金面にこだわっている人
  • ライティングではなく、スピーキングなど別スキルを伸ばしたい人

これらに対して、多少受講料金が高いオンライン英会話だとしても、ライティングスキルを徹底的に伸ばしたい人は、ベストティーチャーでの受講をおすすめします。

ベストティーチャーでは1回の無料体験が提供されているので、まずは無料で自分に合っているのか試してみると良いでしょう。

ベストティーチャーの大きな特徴を解説

ベストティーチャーは「書いて、話す。」がキャッチコピーのオンライン英会話で、24時間いつでもどこでもレッスンを受講できます。

オンライン英会話は数え切れないほど存在しますが、その中でライティングスキルを磨くことができるのは、ベストティーチャーただ1つです。

書いて話す」を繰り返すことで、インプットとアウトプットを同時進行で進めることができ、非常に効率よく英語力を高められます。

また、世界50カ国以上の講師が在籍しているため、それぞれの国で使われる「スラング」なども学べるオンライン英会話です。

ベストティーチャー早見表

料金プラン
(税込み)
通常コース:12,000円
Lissn by NIKKEIコース:13,500円
試験対策コース:16,500円
英検®コース:16,500円
支払い方法 クレジットカード・Paypal・銀行振込
時間帯 24時間
テキストの種類 記載なし
講師人数 900人以上
国籍 多国籍(50カ国以上)
退会方法 簡単
無料体験 1回
予約可能時間 20分前
キャンセル可能時間 30分前

ベストティチャー公式HP

ベストティーチャーのメリットを4つご紹介

ここからは、ベストティーチャーのメリットを4つご紹介します。

オンライン英会話を比較する上で「メリットは重要な指標」となるため、ぜひ参考にしてください。

  1. ライティングレッスンを受講できる
  2. 英検などの試験対策ができる
  3. 講師が多国籍
  4. 24時間レッスンを受講できる

それぞれのメリットを順番に見ていきましょう。

①:ライティングレッスンを受講できる

ベストティーチャーの1つ目のメリットが、ライティングレッスンを受講できることです。

このメリットこそが、ベストティーチャーの最大の魅力だと言っても良いでしょう。

日本のオンライン英会話の中で、ライティングスキルを磨けるのはベストティーチャーのみであり、ライティングスキルを伸ばしたい人は「今すぐベストティーチャーを受講しても良い」でしょう。

また、当然ライティングレッスンに限らず、スピーキング・リスニング・リーディングなど、様々なスキルを総合的に高めるレッスンも用意されています。

②:英検などの試験対策ができる

2つ目のメリットは、英検などの試験対策もできることです。

2020年10月現在、ベストティーチャーにはTOEFLなどの「試験対策コース」、英検1級〜3級までの「英検対策コース」が用意されています。

これらのコースを選択したとしても、途中で通常コースのレッスンを受講することも可能です。

そのため、英検対策などの学習も進めつつ、総合的な英語力も同時に高められるメリットがあります。

③:講師が多国籍

3つ目のメリットは、講師が多国籍であるということです。

ほとんどのオンライン英会話は「フィリピン人のみ」のケースが多いですが、多国籍の講師が在籍していることで、様々な国の文化に触れられます。

また、それぞれの講師が「ビジネス経験者」「4技能試験の指導経験者」などの強みが異なるため、自分の目的に合わせた講師を選択することができます。

④:24時間レッスンを受講できる

4つ目のメリットは、24時間いつでもレッスンを受講できることです。

仕事が忙しい人、子育てで時間の確保が難しい主婦の人などは、いつ自分のための時間を確保できるか見通しがつかないことも多いでしょう。

しかし、ベストティーチャーであれば24時間いつでも予約できるため、自分の隙間時間でレッスンを受講できます。

ベストティーチャーのデメリットを3つご紹介

ベストティーチャーにはライティングスキルを高められるなどのメリットがありますが、受講前にデメリットの部分についても理解しておく必要があるでしょう。

ベストティーチャーのデメリットは下記のとおりです。

  • ライティング以外の特化スキルは磨けない
  • Skypeなど外部アプリが必要
  • 他のオンライン英会話と比較して料金が若干高い

ベストティーチャーは総合的にスキルを高められますが、ライティングスキル以外の特化スキルを磨くことはできません。

従って、例えば「日常英会話」におけるスピーキングに特化したい場合や、ビジネス英語を特化して学びたい場合などは、他のオンライン英会話を受講するしかないでしょう。

また、他のオンライン英会話に比べて、若干料金が高いというデメリットがあります。

プラン 料金
(税込み)
レッスン時間・回数
通常コース 12,000円 25分×受け放題
Lissn by NIKKEIコース 13,500円
試験対策コース 16,500円
英検®コース 16,500円

他の総合型オンライン英会話では、月額5,400前後〜7,000円前後の料金設定をしている場合が多いです。

そのため、料金面を重視する人は、受講料金が安い総合型オンライン英会話の受講をおすすめします。

関連記事【2020年最新】本当におすすめできる厳選したオンライン英会話7社を徹底比較【目的別に紹介】

ベストティーチャーはライティングスキルを高めたい人におすすめ

ベストティーチャーは総合型オンライン英会話ではありますが、やはり「ライティングスキルを高めたい人」におすすめのオンライン英会話です。

スピーキングやリスニングは「サブ」といった立ち位置ですので、あくまでライティングに特化している点がベストティーチャーの強みとなっています。

また、料金設定も若干高めではあるため、長期的に考えて料金が負担にならないと感じる人であれば、ベストティーチャーでのレッスン受講は問題ないと言えるでしょう。

ベストティーチャー口コミ

ここになまえ
こう/女性/37歳

★★★★★:凄く良かった

使用期間:2020年6月~2020年11月

ベストティーチャーを受講して、日本人がなぜスピーキングが苦手なのか分かった気がします。使わない単語を覚えて、実際に出会わないシチュエーションにおいて学習するからかもしれません。ベストティーチャーでは自分が英語を話したいシチュエーションで、必要な英語を使って学習するので、どんどんシチュエーションを増やして会話力もついていくし、そのサポートをしてくれます。

ここになまえ
みの/ 女性/30歳

★★☆☆☆:悪かった

使用期間:2018年1月~2019年2月

カリキュラムは自分の目標に合わせて組まれてあったのですが、レッスン内容がまったくカリキュラムに沿っていなくて、ただ単に教材を進めていくだけのレッスンでした。最終的な目標は自己表現ができるようになりたくて、辞書に載っていない口語表現や自主学習では得られないことをもっと学びたかったのですが、それが出来ずに物足りない感じでした。

関連記事リアルな口コミから分析!ベストティーチャー英会話の評判

ベストティーチャーでライティングスキルを極めよう:まとめ

ベストティーチャーのメリットとデメリットを解説してきました。

日本で唯一ライティングスキルを学べるオンライン英会話だという点を踏まえれば、受講料金が若干高く設定されているのは、必然的だと言えるかもしれません。

しかし、長期的に受講することを考えたときに、毎月の料金が高いのは負担にならざるを得ないでしょう。

そのため、ライティングスキルを磨きつつ、料金面が特に気にならないという人は、まずはベストティーチャーの無料体験を受講してみてはいかがでしょうか。

ベストティーチャーの無料体験レッスンはこちらから受けられます。

人気記事【まとめ】信頼できるサイトで紹介されている本当におすすめのオンライン英会話