無料のおすすめ英語ニュースサイト11選!結論、一つのサイトで全て網羅している?

スピーキング

英語が分かるってかっこいいですよね。
英語のリスニングレベルは大きく3つに分けることができます。

  • 全然わからないレベル
  • なんとなく分かるレベル
  • 完全に理解できるレベル

なんとなく分かるって方は多いと思いますが、完全に理解できるとはなかなか言えないですよね。

外国人同士の会話が分かるようになりたい!
TOEICなどの資格試験で高得点をとりたい!
なんとなく分かるレベルからもう一段階レベルを上げたい!

そんなことを考えている英語中級者の皆様へ、上級レベルに上がるために必須の英語のニュース聞き取りについて、無料のおすすめサイトと勉強方法を紹介します。

今回は聞くニュースだけではなく、読むニュースも厳選して紹介しますので、参考にしてください。

英語のニュースを使った英語学習が適した人

まず、英語のニュース聞き取りに取り組むべき人の英語レベルはどの程度の人か。

ずばり英語中級者です!

それも上級を目指す、中級者に英語のニュースを使った学習はドンピシャです!中級者ってどの程度?という疑問がわくと思いますので、英語のレベル分けも説明しますね。

英語のレベルは大きく分けて初級、中級、上級に分かれます。

英語初級レベルとは

  • 高校の学校の教科書なら理解できる
  • 英会話講師がゆっくり話をしてくれれば理解できる
  • 子供向けのYoutubeやアニメ程度ならなんとなく言ってることが分かる

そんな人は初級といえます。

この段階の方は、英語ニュースにチャレンジすると、理解できず挫折してしまう事が多い傾向にあります。
勿論チャレンジすることは良い事ですが、無理に他人に勧められた学習方法ではなく、自分に合った学習方法で、英語学習を継続して続ける事が最も重要になります。その為、今回紹介する英語ニュースを使った学習を試してみて、自分に合わなければ、別の方法を試し、楽しく続けられそうな学習方法を見つけてください。

英語中級レベルとは

  • 英検やTOEICなどの英語試験学習に取り組んでいる
  • 英検であれば2級合格程度のレベル
  • TOEICであれば650点を超える程度のレベル

このような方は、中級と判断してもいいでしょう。

一対一でのネイティブでの会話はさほど問題ないが、ネイティブ同士の会話の理解は十分でない。そんな人も中級レベルといえるでしょう。

英語上級レベルとは

  • 英語でのテレビドラマやトークショーなどが理解できる
  • ネイティブがいる環境での会議に対応できる
  • 今回記事に挙げている英語でのニュースを聞きとることができる

このレベルになれば上級レベルといえます。

つまり、英語のニュース聞き取りに関しては、
TOEICなどの資格試験で高得点をとりたい!
外国人との会話や、会議においてもう一段階理解のレベルを上げたい!

上記の2つのどちらかに当てはまる方であれば、今回解説するサイトを使って適切な勉強方法であれば必ず上級者への道が開きます!

最もおすすめの英語ニュースサイト・厳選4サイト

ここからは、おすすめのニュースサイトを紹介します。

これらのニュースサイトを利用しつつ、以下に述べる勉強方法を活用し、英語上級者への道を歩みましょう!

まず、おすすめなのが、以下の4つです。
ネイティブの音声が聞けて、字幕があり、無料でアクセスできるものを厳選しました。

VOA Learning English

VOAとはVoice of Americaの略称で、アメリカ人の音声による、アメリカや世界のニュースが紹介されています。

アメリカ人向けのサイトではなく、非ネイティブスピーカーに向けて、最新ニュースを分かりやすく、ゆっくりとした英語で伝えてくれるサイトです。

上級者には物足りないレベルかもしれませんが、中級者にとっては神ともいえるサイトです。どのニュースサイトが良いのか分からなければ、VOA一択で問題ないでしょう。

サイト内で様々なレベルやニュースのジャンルを選べるので、自分の興味のあるジャンルで、簡単な初級者レベルのものから聞いていき、徐々にサイト内でのレベルを上げていくことをお勧めします。

中級レベルの英語力はないけど、ニュースを使った英語学習にチャレンジしたいという方も、まずはこのサイトからチャレンジすると良いでしょう。

サイト内では、音声と記事両方に対応しており、リスニング、リーディング両方の学習を行えます。
VOA公式のYoutubeチャンネルもあるので、参考までにご覧ください。

Tigray, Ethiopia: From Conflict to Humanitarian Crisis

BBC Learning English

BBCとはBritish Broadcasting Corporationの略称で英国放送協会、つまりイギリスの放送局で流れているニュースのサイトです。

上記URLのサイトはBBC本体のサイトではなく、BBCが提供する英語学習教材を扱っているサイトです。
文法、発音、ボキャブラリーなどの項目や日常会話、ビジネス英会話、ニュースなどの項目があり、目的別の学習が可能となっております。

流れる英語はもちろんイギリス英語でイギリス英語ってかっこいいよね、上品な英語を話せるようになりたい、そんなひとは上記サイトがおすすめですが、最初に紹介したVOAより音声データが少なめです。

学習用ではなく、実際の英語ニュースを読みたいという方は、BBCホームページで無料で見ることも出来ます。多読学習を行いたい人にも便利ですね。

CNN10

CNNとはCable News Networkの略称でアメリカのケーブルテレビ、及び衛星放送向けのニュースチャンネルです。

上記のサイトはBBC同様、本体のサイトではなく学生向けのニュースを扱っているサイトです。

このサイトの一番のおすすめはタイトル通り、ニュースが10分間であり、時間の管理がしやすい点です。

長すぎるとつらくなってくるし、短すぎるとやってて意味があるのか疑問がでてきたりしますが、10分という時間は学習者にとっては、ほどよい時間に設定されています。

記事にも動画にも対応しているニュースサイトであり、サイト内の動画は字幕やスピード調整などにも対応しているので、英語学習には適しているでしょう。参考までにCNNのサイト内にある動画を一つ張っておきます。

Headlines In The U.S. And Beyond | April 14, 2021

PBS NewsHour

PBSとはPublic Broadcasting Serviceの略称で、アメリカの非営利放送団体であり、日本で有名な「セサミストリート」の制作局でもあります。

アメリカで平日1時間、週末は30分の番組があり、政治や経済を中心とした正統派ニュースを放送しています。

時間は長くて、大変かと思いますが、大変な分、実力アップも間違いなしです。

ニュースのトランスクリプト(ニュースの本文)をサイトから入手することができるので、動画見る、トランスクリプトをみる、トランスクリプトを音読する、という作業を行うと効果抜群で、休日などに全力で勉強する際はおすすめです。

その他のおすすめ英語ニュースサイト8選

ここまで紹介した4つの英語ニュースサイトが最もおすすめですが、もうちょっと他にもおすすめが知りたいという方のために、日本企業が提供している英語ニュースサイトや、アプリで読めるニュースなど厳選4サイトでは紹介できなかった、おすすめサイトを紹介していきます。

英語ニュースサイトを使った学習方法を知りたいという方は、スキップして進んでください。
学習方法へスキップ

やさしい英語ニュース

やさしい英語ニュースは日本語のサイトであり、英語学習者のためのサイトです。

おすすめはサイト内の最新英語ニュースの項目でYoutubeの動画を使えば、そのまま勉強方法まで提示してくれることです。

ニュースを使ってどのように勉強したらいいかわからない、英語初級レベルの方にピッタリで、英語学習に役立つコラムやニュース音声の音声分析による解説もあり、ニュースだけでなくリスニングの学習にも役立つ一石二鳥のサイトです。

News in Levels

サイト内のニュースはレベルが3段階に分かれており、同じ内容のニュースがレベルごとに単語の量や質、文章の長さが変わっていき、少しづつ難しくなっていくスタイルになっています。

低いレベルから読んでいくと難しい文章も分かるようになるうれしいスタイルです

アプリ版「ざっくり英語ニュース!StudyNow」

【日英同時字幕】英語リスニングの練習用動画「ざっくり英語ニュース!StudyNow」

ざっくり英語ニュース!StudyNowはニュース英語を学びたい人向けに対象に作られた、ダウンロード数70万を超えた人気アプリです。
英文、和訳、英語音声、解説までが全ての記事についており、生きた英語を勉強するのにピッタリです。

英文がほどよい長さで、飽きずに最後まで読むことができます。

無料でも使用できますが読める記事数に制限があるため、より深く勉強したい人は、月額360円で全ての記事が読めるプレミアム機能の利用をオススメします。

サイトではなく、アプリでニュースを読みたいという方は、下記記事でニュースを読めるアプリを紹介しています。

関連記事英語のニュースが教材になる便利なアプリを紹介!どこにいてもスマホで勉強

The Japan Times STオンライン

日本人の英語学習者へ向けたサイトで一番のおすすめは和訳がついていることです。

英語とずっとにらめっこはつらい、何度見ても英語の細かいニュアンスが分からない、そんな人はこのサイトがおすすめです。

Nippon.com

東京から発信される、日本の話題に特化したニュースサイトです。

英語から日本語に言語の切り替えができるので、The Japan Times STオンライン同様、日本語訳も欲しいという学習者にはおすすめです。

NHK World Japan

こちらはいわずと知れたNHKの英語ニュースサイトです。
王道、正統派のニュースを見ることができる上、日本語への言語切り替えも可能です。

NHKラジオ第2「世界へ発信!ニュースで英語術」

NHKラジオ第2「世界へ発信!ニュースで英語術」は1回5分で旬なニュースを聞くことができます。

話題のトピックを扱っているため、内容も理解しやすいです。

番組で取り上げたニュースはホームページ上で公開されており、英文のスクリプトとその和訳をチェックすることができます。

関連記事【NHKゴガク】今こそ始めたい、ラジオを使った英語学習

英語学習誌『CNN ENGLISH EXPRESS』ASAHI PRESS(株式会社 朝日出版社)

CNN ENGLISH EXPRESS | 朝日出版社
CNN ENGLISH EXPRESSは、24時間ニュース専門局CNNの素材をもとに英語力向上を目的とした学習誌です。多彩なコンテンツのライブ音声を軸にリスニングを筆頭に語学の4技能を鍛えることができます。

CNN ENGLISH EXPRESSは世界各地で起きている話題のニュースを中心に、有名人のインタビュー記事や英語学習者向けのコラムなどが掲載された、月1発行の学習誌です。

雑誌、音声ダウンロード機能、CD(2020年9月まで。それ以降は定期購読者限定)、英語力アップのための問題集がセットになって定価1263円と激安です。

ニュースを聞くだけでなく、単語やフレーズまでしっかり勉強したい人向きです。

英語ニュースを使った効果的な学習方法

ここまで紹介した様々なおすすめサイトを見ていただいて、自分に合ったレベル、自分にあったジャンルの英語ニュースから始めてみることが第一歩ですが、学習を進めるうえでは学習方法が重要になります。

英語学習の習慣化

中級者が上級者になるための学習として、一番重要なことは習慣化することです。

受験勉強などで、英語を一日に4時間勉強した、8時間勉強した、なんて方は日本中にたくさん存在します。

しかし、365日英語のニュースを5分間、毎日欠かさず聞き続けたという人は、本当に一握りしか存在しません。

その人が中級者を脱し、上級者となるのです。

ニュースを理解できる、できないは置いておき、毎日英語のニュースを聞く、読む。これが一番重要であり、一番難しくもあります。

英語のニュースを聞いて、その日は理解できなくても、翌日も同様のニュースは確実に放送されます。一日で消えていくニュースなど存在せず、初日に理解できなくても、二回、三回と聞き続けることで、一回目に理解できなかった事が二回目、三回目とつづけることで、理解できるようになってきます。

まずは5分から、英語学習は継続が命です。

習慣化は口でいうのは簡単ですが、行うのは非常に難しいです。
しかし、案外知らない間に習慣づいている事柄は生活の中では多いです。
そこに視点を移すことが習慣化への道しるべとなります。

  • 毎朝、朝食後コーヒーを飲む
  • 昼食後、スマホでツイッターを眺める
  • 就寝前に歯を磨く

このような日常に英語のニュースをプラスすることからはじめてみましょう。

ニュース背景の理解

次に、ニュースの聞き取りで重要なことは背景の理解をすることです。

例えばフロイトの精神分析について新発見があった、というニュースが流れた場合、フロイトって誰?精神分析って何?となるとニュースが理解できるはずがありません。

しかし、インドで冷凍食品が流行っているというニュースであれば、インドって何?冷凍食品て何?となる方は少数となるでしょう。

背景知識はニュースの聞き取りにおいて非常に重要であると認識しましょう。

まず、背景知識は自分の母語である日本語で調べるという習慣をつけましょう。

アストラゼネカって皆さんニュースに触れていれば毎日聞くかもしれない単語ですが、アストラゼネカを調べたことがありますか?

小さなことですが、何気なくスルーしている言葉や状況を調べる。これは英語の学習の上で非常に重要なのです。

分からないフレーズを調べる

もう一つ、英語のニュース聞き取りの上で重要な点は、良く出てくる分からないフレーズを調べることです。

単語の勉強をする人は多く、単語は分かるけど、全体として何をいっているか分からない、なんてことは中級者にはよくあることです。

そんなときはフレーズに目を向けましょう。

単語だけでみるのではなく、フレーズを調べて覚える。

フレーズを覚えると、別のサイトで別のニュースをみても、同じフレーズを使ってるなんてことはざらにあります。

今日一日で勉強したことすべて調べるなんてことは必要ありません。今日一日の勉強の中で一つ気になるフレーズを調べて、覚える努力をする、そうすれば英語でのニュース聞き取りの力は格段に上がっていきます。

英語ニュースを使ったリスニング勉強法

英語のニュースを使ってリスニング力を向上させるには、音源を何度も聞くことが大切ですが、ただ単に聞き流しているだけでは効果が期待できません。

ニュースで使われている単語がわからない、聞き取れないという人は、スクリプト付きのものから始めるのがよいでしょう。

スクリプトを見ながら、音源を聞き、わからない単語や言い回しを日本語訳で確認しながら「英語耳」を鍛えましょう。

比較的聞き取れるようになってきたら、ディクテーション(英文の聞き取り)やシャドーイング(音源の少し後から聞き手がかぶせて同じ言葉を喋ること)で、発音や間の取り方、表現などを学びます。

難易度が高いと感じる場合は、短めの文章で数をこなし、スピードやリズムに慣れていくことが大切です。諦めずに何度も根気よく取り組むことがリスニング力アップのカギとなります。

まとめ

  1. まずは自分の英語のレベルを見極める。初級者であれば、ニュースは早いです。
  2. 自分のレベルにあった英語学習サイトを活用する。
  3. 英語のニュースに触れることを習慣化する、まず5分から。
  4. 背景知識を増やす努力をする。知らない事柄は調べる
  5. 1日一つフレーズを覚える

中級者と上級者の違いは1日の勉強量ではありません。中級者になってからの英語学習が習慣化されているかどうかに、その差が表れてきます。

英語上級者は日本に一握り、さあ皆さんも今日から上級者への道を歩み始めましょう!

人気記事【33社比較】目的別おすすめできる厳選したオンライン英会話を紹介