英語は何歳からスタートするべき?正解をおしえます

英語学習

グローバル社会が加速し、子供たちの未来には英語を話せる人は今よりもっと増えるでしょう。

英語が評価対象ではなくなり、英語が話せることはスタンダートとなることが予想されます。

このように、子供たちの未来において、英語は不可欠であると考えられる中、本当の英語力をつけるためには、実際、何歳から始めたらいいのかな?と疑問に感じる親御さんも多いと思います。

英語力をつけるには、何歳から始めたらいいかわからない

何歳から英語学習を始めたらいいのでしょうか。

文法や読解力に限っては、いつから学習をスタートしても習得することは可能でしょう。

実際、現在社会人として英語を使用して働いている人は、中学から学び始めた人が多いからです。

ビジネス英語は、言い方やルールが決まっているので、基本的な英文法を理解し、ビジネス英語で必要な単語や言いまわしを習得すれば、誰でも簡単に使用することは出来るでしょう。

しかし、ビジネス英語が使用できるのに、外国人と電話をすることは苦手だ。

現場で外国人と商談や交渉をすることは苦手だと感じている人は多くありません。

では、なぜ英文法やビジネス英語を習得していても、英語を苦手だと感じるのでしょうか。

それは、日本人が、英語の発音をうまく発することができないからです。

日本語に使用されている音と英語で使用される音、またその音の出し方や口の使い方は大きく違います。

その音や発音の仕方を自然と習得し、ネイティブと同じ発音が出来るようになるには、0歳~3歳までにスタートすることを推奨します。

英語の何を習得させたいかにより、子供たちへのスタートの時期を考える必要があります。

なぜ0歳~3歳の間にスタートすればいいのか?

前述にも書きましたが、英語と日本語は音の音域が違います。

また、その音を発する際に必要な口の使い方も異なります。

赤ちゃんは、まだ音の種類を識別することができません。

生まれたての赤ちゃんに、お母さんが意味が理解できなくても話しかけ、インプットを繰り返すうちに、見たものと単語が一致し、理解し始めるのです。

話しかける音が日本語だけであれば、赤ちゃんは日本語の音域だけで、言語を習得していきます。

しかし、英語と日本語、どちらの音も同時にインプットさせることにより、英語と日本語の音域を理解し、真似することが出来るようになります。

具体的な勉強方法は?

私の娘は、0才から英語の聞き流しを始めました。

童謡や絵本、テレビ番組など、日本語と英語の割合を50:50にして育ててきました。

インターネットで調べると、日本語と英語が混乱するのではないかや、きれいな日本語が話せなくなる、などの問題について言及している記事があり、不安に感じながらも取り組んでいました。

私自身、外国人と話していると「アメリカ人?」と聞かれることが多いです。

私はアメリカ英語のネイティブの発音をしっかり吸収して育ちました。

幼少期(4歳頃~)にはディズニー映画のサウンドトラックを車の中で毎日聞いており、いつも間にか耳で完コピし、全て歌うことが出来ました。

音楽が好きな子供だったので、ディズニー映画「アラジン」「美女と野獣」「ライオンキング」「ポカホンタス」…から始まり、「サウンドオブミュージック」「Spicegirls」「Carpenters」など、様々な英語の音楽を耳から吸収し、歌詞の意味は分からなくてもほぼ完ぺきに歌いこなしていました。

ここで大切なのは、私が英語の歌を歌えた!という自信につながったことと、英語の音域を耳で吸収し、発音できるようになったということです。

そして、この自己体験から、娘にも英語の音楽やテレビ番組をたくさん触れられるように育てていました。

日常会話は日本語、家の中では英語と分けて行った結果、どちらの言語も少しずつ理解していくことが出来ました。

例えば、日本語・英語それぞれの絵本を読んでいて、ウサギの登場人物が出てきたときに、日本語の絵本では「うさぎ」、英語の絵本では「Rabbit」と理解していることに気づきました。

まとめ

赤ちゃんの脳みそはスポンジのようだと言われています。

どんなことでも吸収できるのです。

その特性を活かし、お母さんの話しかけは日本語で、テレビや音楽を英語の音に変えるなどして、英語の音を吸収させる機会を増やします。

すると、日本語をどんどん発することが出来るように、英語も自然と耳から吸収し、発することが出来るようになるのです。

様々な勉強方法はあるけれど、早期学習により耳から英語を取り入れることで、きれいな発音を発することが出来るようになり、英語で話すことに自信が持てるようになります。

早期学習は、親の継続と努力により子供を何も苦労せず吸収することができる大きなギフトですので、是非実践していただきたいと思います。