英語の形容詞に順番はある?

英語学習

皆さんは、poor skinny manとskinny poor manとの違いがわかりますか?

一見、poorとskinnyの並びが違うだけですが、この2語には、まったく異なる意味があります。

この記事では、英語における形容詞の順番についてご紹介しています。

形容詞の順番が違うだけで、誤解を生む場合があるので、こちらでしっかりその順番を勉強しておきましょう。

形容詞とは

始めに、形容詞とは何かを簡単にご紹介します。

形容詞とは、名詞を装飾する品詞です。

背が高い、美しい、といった、事物の性質や状態を表すときに使います。

形容詞には、大きく分けて2つの用法があり、「彼女は背が高い」といった動詞の補語となる使い方と、「きれいな人」といった名詞の前に置く使い方があります。

形容詞は、いくつも重ねて使用することができ、「彼女は、背が高くてきれいな人だ。」といった使い方ができます。

英語には形容詞の順番がある

形容詞は重ねて使用できますが、英語にはその並びに順番があります。

日本語では、形容詞の順番はそれほど重要ではなく、きれいな背の高い人、背の高いきれいな人、のどちらでも言うことができますよね。

若干、名詞に近い形容の方が、強めかなと感じるぐらいです。

しかし英語の場合、「きれいな背の高い人」が正しく、「背の高いきれいな人」は誤りとなります。

なぜ形容詞の順番があるのか

英語に形容詞の順番がある理由は、文法として間違いとなるほか、誤解を生んでしまう可能性があるからです。

冒頭でご紹介したpoor skinny man とskinny poor manの違いを説明しながら見ていきましょう。

まずpoorという言葉には「貧しい、お金がない」という意味のほかに、「かわいそう、哀れむべき」といった意味もあります。

そこで問題となるのでが、上の例では、どちらの意味となるかわからないという点です。

貧しい痩せた人とも言えますし、かわいそうな痩せた人とも言えますよね。

では、どのように形容詞の意味を判断するのかというと、形容詞が並べられた順番を見ます。

英語では、意見(主観)→ 大きさ(サイズ)の順番で形容詞を並べるというルールがあるので、poor がskinnyの前にあるpoor skinny manは、かわいそう(意見)な痩せた人、poorが後にあるskinny poor manだとは、痩せた貧しい人と判断できます。

このように、英語では形容詞の順番で言葉の意味を判断するため、正しい順番を覚える必要があるんです。

形容詞の正しい順番

それでは、ここから形容詞の正しい順番をご紹介したいと思います。

英語では下記の順番で形容詞を並べます。

  1. 意見、主観
  2. 大きさ、サイズ
  3. 年齢、新旧
  4. 形、形状
  5. 起源、所属
  6. 材料、素材
  7. 用途

 意見、主観(opinion)

意見、主観(opinion)は、美しい、かわいい、美味しい、といった主観に基づく形容詞です。

形容詞の先頭に置かれます。

  • Beautiful(美しい)
  • pretty(かわいい)
  • cool(かっこいい)
  • delicious(おいしい)
  • difficult(難しい)
  • nice(すばらしい)

などがopinionに当たります。

大きさ、サイズ(size)

大きさ、サイズ(size)は、大きさ、高低、サイズに関わる形容詞です。

  • big(大きい)
  • small(小さい)
  • tall(背が高い)
  • huge(巨大)
  • little(小さい)
  • tiny(とても小さい)

などがsizeに当たります。

年齢、新旧(age)

年齢、新旧(age)は、年数、年代で状態を表すときに使う形容詞です。

  • Young(若い)
  • old(古い)
  • new(新しい)
  • antique(年代物の)

などがageに当たります。

 形、形状(shape)

形、形状(shape)は、形、重さ、長さに関連する形容詞です。

  • round(丸)
  • square(四角)
  • sharp(尖った)
  • heavy(重い)
  • light(軽い)
  • long(長い)

などがshapeに当たります。

色(color)

色(color)は、色に関わる形容詞です。

色の明るさや濃さなどもここに含まれます。

  • Red(赤)
  • blue(青)
  • reddish(赤っぽい)
  • pale(青白い)
  • vivid(鮮やかな)

などがcolorに当たります。

 起源、所属(origin)

起源、所属(origin)は、その事物がどこから来たのかを表す形容詞です。

  • French(フランスの)
  • Spanish(スペインの)
  • oriental(東洋の)
  • European(ヨーロッパの)

などがoriginに当たります。

材料、素材(material)

材料、素材(material)は、物が何で作られているかを示す形容詞です。

  • Plastic(プラスチックの)
  • wooden(木製の)
  • porcelain(磁器製の)
  • brick(レンガ造りの)

などがmaterialに当たります。

用途(purpose)

用途(purpose)は、何に使われるか、何をしているのか、といった目的を表す形容詞です。

  • Running(走るための)
  • swimming(泳ぐための)
  • tennis(テニス用の)
  • baseball(野球用の)

などがpurposeに当たります。

おすすめの覚え方

これまで、英語における形容詞の順番についてご紹介してきましたが、この順番を覚えるのは、なかなか大変ですよね。

そこで、こちらでは、おすすめの覚え方をいくつかご紹介したいと思います。

OSASCOMPで覚える

OSASCOMPとは、形容詞の順番である、

  • 意見、主観(opinion)
  • 大きさ、サイズ(size)
  • 年齢、新旧(age)
  • 形、形状(shape)
  • 色(color)
  • 起源、所属(origin)
  • 材料、素材(material)
  • 用途(purpose)

の頭文字を並べたアクロニムです。

一般に、オス(os)アス(as)コンプ(comp)と言ったりします。

オリジナルで覚え方をつくる

OSASCOMPは英語の頭文字なので、覚えにくいと感じる方もいると思います。

そう感じる方は、オリジナルの覚え方を作る方がいいかもしれません。

学生時代、歴史の年号を替え歌で教えてくれた先生がいましたが、結構覚えやすかった記憶があります。

話したり、聞いたりして覚える

英語は形容詞の順番が決まっていますが、英語がネイティブの方はこの順番を覚えているのでしょうか。

実際のところは、順番を記憶しているのでなく、英語を幼いこらから使うことで自然と身に付いているそうです。

もちろん記憶して使うのもいいですが、自然にわかる方がいいですよね。そのため、実際に話したり聞いたりして、その順序に慣れる方が、もしかすると最も効果的な学習方法かもしれません。