英語の日常会話でよく使うスラング3選

スピーキング

英語を学ぶ上で多くの人が目標にするのが「外人と日常会話をできるようにする!」です。

日常会話英語を理解する上で書かせないのがスラングです。

洋画の登場人物、英語圏の人々、特に田舎に住んでいるローカルか方達は特にスラングを多用します。

スラング使ってるとなんかかっこいいですよね!

ここでは留学4年目の自分が思う便利なスラング3選を紹介したいと思います!

スラングを使う上で忘れてはいけないこと

スラングを学ぶ前に注意しなければいけないことがあります。

スラングとはいわば日本語の若者言葉です。

日本語でも目上の人に若者言葉はあまり使いませんよね?それと同じでスラングを使うときには注意が必要です。

僕は留学初日、英語を全然知らないとき、学校の校長先生に”what’s up?” と言ってしまい怒られたのを覚えています。

物によりますが僕にようにならないようにスラングは目上の人に使うのは控えましょう!

今回紹介するスラングは下記の3つです。

  • down
  • bet
  • I got you

どれも僕が日常の中で使っているスラングです。
とても便利なので是非覚えていってください。

また、最後にスラングを学べるおすすめのドラマも紹介しているので是非最後まで読んでください!

よく使うスラング:[Down]

1つ目のスラングはdownです。

Downは「下」という意味ですがスラングでは違う意味になります。

スラングでは相手の言っていることに賛成していることを意味します

例文

  1. Do you wanna play basketball tonight? (今夜バスケしよーぜ)
  2. Yeah! I’m down. (ああ、いいよ)

また、downの前にsuperをつけることでより強調することもできます。

例文

  1. We’re gonna go watch movie tomorrow. Do you wanna go?(明日映画見に行くけどくる)
  2. I’m super down!(絶対行く!)

さらに、疑問形にすることも可能です。

例文

  1. Hey, you can come over to my house and go skiing this weekend. Are you down?
    (今週末俺の家泊まりにきてスキー行こうよ。どう?)
  2. I’m down. (いく!)

よく使うスラング:[Bet]

次に紹介するのはbetです。

ギャンブル好きならbetという単語は「賭ける」という意味だと知っているでしょう。
実はスラングではbetはさっき紹介したdownと少し似ていて「了解した」という意味になります。

ラインなどで友達に「おけおけ」や「りょーかい」と送ったりしていませんか?これを英語にすると”bet bet bet.”となるんです!はじめこれを見たときは、僕は”How much?” と返してしまいました。

友達とテキストや会話していると結構出てくるので覚えといていださい。

例文

  1. Are you coming to the party at my house tonight?
    (今夜の俺の家であるパーティーくるの?)
  2. Yes.(うん)
  3. Don’t be late. It’s at 7. (遅れるなよ、7時からだからな)
  4. Alright, bet. (りょーかい)

よく使うスラング:[I got you]

最後はI got youです。

このフレーズは本っ当によく使います。意味は「俺に任せろ」という意味です。

日本語で「俺に任せろ」なんて頻繁に使うものではないですよね。

しかし、英語では違ってめっちゃ使います。

これに関しては日本語に訳すのが難しいのですが、ニュアンス的には、何か相手にお願いされたときや、何かをするように命令されたとき、頼りにされてるときに使います。

例文

  1. Can I copy your homework for tomorrow?(明日までの宿題うつしてもいい?)
  2. Yeah, I got you! (おう、任せろ!)

また、I got youにはGotchaというくずれた言い方があります。

Gotcha普段の会話でも使いますし、SNSなどでも使います。

例文

  1. For our project, I will do this portion so you will do the other portion. Okay?
    (今回のプロジェクト、俺がこっちやるから君は残りをやってね)
  2. Gotcha!(了解)

まとめ

今回3つスラングを紹介しましたがどれも辞書に載っていない意味です。

やはりスラングは生の英語に多く触れないとなかなか習得できる機会は無いと思います。
僕も留学してから初めてスラングというモノを知りました。

日常会話ではスラングが飛びかっています。スラングを理解できると理解も深まるし英語での会話をより一層楽しめるようになります!実は、日本の若者言葉のようにスラングも新しいのが生まれてきたりしています。

個人的にはOfficeというアメリカのコメディドラマがおすすめです。

たくさんスラングも出てきますし理解できるとほんとに面白いです!では皆さん英語学習頑張ってください!

Keep on going and never give up!

人気記事【2020年最新】オンライン英会話7社を徹底比較【すべて無料です】