小学生より英語を勉強するメリットと勉強方法について

英語学習

近年、日本のグローバル化と言われ長年経過をしますが、少なくとも中学校、高の6年間で英語を勉強しているにも関わらず、いまだにアジア地域の中だけで見ても日本人の英語力というのは国際水準から照らしてみても決して高くはありません。

そのため、こうした背景より早期より英語学習を開始する動きに拍車がかかり、現在では小学生の早い段階より授業で扱っています。

ここでは、小学生より英語を勉強するメリットと勉強方法等について書いていきます。

小学生で勉強をすべき英語について

小学生に入学をすると漢字や算数の掛け算等新しいことを次々と学んでいきます。

そうした中、英語というさらに新たな教科を学ぶ上で大切なことは、小学生の低学年、中学年の子どもたちの関心を引く必要があり、英語でコミュニケーションを取ることに興味を持たせることです。

具体的には、文法や単語を単純に暗記するのではなく、挨拶等の日常で今すぐ使える英語の会話フレーズを覚えさせることです。

このことで、日常で使える英語を幾つか言えるようになることで英語への関心が高まるのと同時に、英語を使えることの喜びや自信もつくので、結果として自身で学習をするきっかけへとつながります。

小学生が英語を楽しく英語を勉強する方法

前述したことと重なる部分がありますが、小学生の初期段階はあらゆるものに興味を持つ時期となります。このことをうまく活用するには、『英語を学習することが楽しい』『英語を学習することでたくさんのことを知ることができる』と思わせることです。

この時に重要なのが授業で使うテキストになります。

例えば、人気漫画の一コマが英語になっているものがありますが、こうしたものを利用してフレーズを覚えさせると勉強をしている感覚よりも、気分として半分は遊びが入るので興味を持ってくれます。

また、ゲーム形式で体を動かしながらスポーツ感覚で単語やフレーズを口に出して身につけていくのも効果的な方法です。更に、海外のアニメーションに一コマをタブレット等でみせることで、語学だけでなく、海外独特の文化や考え方等に触れるきっかけにもなります。

ここで大切なことは英語を勉強しているという感覚よりも、身近にある漫画等のキャラクターを利用し、且つ、ゲーム感覚の要素をバランスよく取り入れ学習意欲と興味を強く掻き立てることで、英語を楽しく学習することが可能となります。

また、小学生は一度興味を持つと、新たなものを吸収する力は大人以上です。

小学生から英語を勉強するメリットについて

次に、小学生の段階で英語を学習することで、ヒアリング力と発音を強化することができます。

日本の英語学習の中心である文法や英単語等の暗記部分というものは、大きくなってからでもいくらでも身につけることができます。また、これらは小学生が長時間集中力を保ちながら学習をすることが特に難しいものとなります。

一方で、ヒアリングと発音について早期に開始をすればするほど良く、この二つについては大人になってからでは大幅に伸ばすことが困難な場合があります。

また、英語について、ネイティブとスムーズに会話をするには、難しい単語やフレーズを知っていることではなく、ネイティブの発音方法をきちんと身につけ、しっかりとヒアリングができるようになることが重要になります。

ヒヤリングの重要性に関してはこちらでも記載しています:英語リスニングの重要性と勉強法について

勿論、これらのことは当然にスピーキング力を効果的に上げていくことにもつながります。

低コストで、ヒアリングを伸ばしたい方には下記の記事がおススメです。

以上のように、小学生より英語を始めることの中で、いかにして飽きさせることなく効果的に学習をさせることが大変重要となります。

また、英語を学習することは、日本だけでなく海外にも興味を持たせるきっかけとなり、広い視野で物事を考えさせたり、世界にはいろいろな意見があることを早期段階で知ることができる大切なツールにもなります。これらのことは日本という国が人材を育てるということにもつながります。