【IELTS対策特化】Universal Speakingのメリットとデメリットを解説

universal speaking1 オンライン英会話

Universal Speakingというオンライン英会話が気になっているけど、どうなんだろうか?

サービスのメリットとデメリットを知りたいです。

本記事は上記の悩みに答えていきます。

オンライン英会話のUniversal Speakingは「セミオーダー式」のサービスとなっており、英会話スクールの良いところ、オンライン英会話の良いところを融合していることが特徴です。

全体的にサービスの質が高いUniversal Speakingではありますが、受講前に知っておくべきメリットデメリットがありますので、本記事で詳しく解説していきます。

結論:下記に該当する人はUniversal Speakingに向いていません。

  • 中上級者向けのオンライン英会話を探している人
  • 受講し放題などレッスンの回数を重視する人

これらに対して、講師の国籍・カリキュラムなどを自由に選べて、回数よりも質を重視したオンライン英会話を探している人にはおすすめです。

Universal Speakingでは無料体験が提供されているので、まずは無料で試してみることを進めます。

Universal Speakingの大きな特徴を解説

まずは、Universal Speakingの大きな特徴を解説していきます。

Universal Speakingは「IELTS」に特化したオンライン英会話で、特に「英語初心者〜中級者」の人向けのサービスが提供されています。

英会話スクールとオンライン英会話の特徴を組み合わせており、講師とのフリートークが苦手な人でも、気軽にストレスなくレッスンを進められる仕組みが用意されています。

Universal Speaking早見表

料金プラン月額:3,300円〜
支払い方法クレジットカード・銀行振込
時間帯24時間
テキストの種類記載なし
講師人数約30人
国籍カナダ・フィリピン・日本
退会方法簡単
無料体験1〜3回
予約可能時間3時間前
キャンセル可能時間2時間前(それ以降は課金制)

引用元:Universal Speaking公式HP

Universal Speakingのメリットを4つご紹介

ここからは、Universal Speakingの4つのメリットについて解説をしていきます。

  1. 講師の国籍を選択できる
  2. カリキュラムが豊富に用意されている
  3. 1日あたりの受講制限がない
  4. 入会前に無料カウンセリングを受けられる

それぞれのメリットを順番に見ていきましょう。

①:講師の国籍を選択できる

1つ目のメリットは、講師の国籍を選択できることです。

Universal Speakingには下記の3タイプの講師が在籍しています。

  • カナダ人(ネイティブ)
    →TOEFLやIELTSなどの資格対策を行いたい人におススメ
  • フィリピン人(ハーフネイティブ)
    →リーズナブルに英会話を楽しみたい人におススメ
  • 日本人(バイリンガル)
    →初心者で英語が不安な人におススメ

このように、レベルや学びたいことに合わせて講師を選択できるのは、大きなメリットです。

②:カリキュラムが豊富

2つ目のメリットは、カリキュラムが豊富に用意されていることです。

  • 中高生コース
  • 海外留学コース
  • ビジネス英会話コース
  • 日常英会話コース
  • 資格対策コース(TOEFL、IELTS、ケンブリッジ英検)

受講し始めてから、途中でカリキュラムを変更することも可能です。

1つの分野に特化して学ぶことも、総合的に英語スキルを高めることも可能なため、幅広い人におすすめできるオンライン英会話だと言えるでしょう。

③:1日あたりの受講制限がない

3つ目のメリットは、1日あたりの受講制限がないないことです。

他のオンライン英会話であれば、「1日1回まで」と制限が設けられていることが多いですが、Universal Speakingは料金内であれば、1日3〜5回以上のレッスンも受講できます。

レッスン回数に制限がないため、休日など1日にまとめてレッスンを受講したい人におすすめです。

④:入会前に無料カウンセリング

4つ目のメリットは、入会前に無料カウンセリングを受けられることです。

本格的にレッスンに入る前に、日本人スタッフと目標やテストの日程について相談できるので、目標やレベルに合わせたコースを受講することができます。

日本人スタッフとのカウンセリング内容は、すべて講師に共有されるため、重点的に伸ばしていきたいスキルや、学んでみたいジャンルを相談してみてはいかがでしょうか。

Universal Speakingのデメリットを2つご紹介

Universal Speakingのメリットについて解説しましたが、知っておくべきデメリットも2つ存在します。

  • 料金は比較的高めに設定されている
  • 中上級者向けのレッスンは用意されていない

まず、レッスン内容に関してですが、基本的に「初心者〜中級者」向けとなっています。

従って、ある程度スキルが高い中級者〜上級者以上の人には物足りないかもしれません。

また、料金面に関しては、相場より若干高めに設定されています。

月額料金(税別)レッスン回数の目安
(1回25分)
お気軽コース3,300円〜3回〜6回
基本コース5,500円〜5回〜10回
オススメコース7,700円〜5回〜10回
集中コース11,000円〜11回〜22回
スペシャリストコース22,000円〜22回〜44回

最も安い「お気軽コース」は月額3,300円から始められますが、月間で3回のレッスンしか受講できません。

仮に「週3回レッスンを受講したい」と考えた場合、集中コース以降のプランを受講することになり、月額料金は11,000円以上必要になります。

他のオンライン英会話と比較して、若干高めの料金設定になっていることがわかるのではないでしょうか。

Universal Speakingは自由度の高いレッスンを受けたい人におすすめ

Universal Speakingは、料金面が若干高くなったとしても、講師やカリキュラムなど、自由度の高いレッスンを受講したい人におすすめです。

やはり、自分のレベルによって講師やカリキュラムを選択できるのは、初心者の人ほどありがたいと感じるのではないでしょうか。

例えば、初級者の方やお子様に英会話を始めさせたい人であれば、バイリンガルの日本語講師。

リーズナブルに日本語なしで英会話を学びたい人であれば、ハーフネイティブのフィリピン人講師。

もっと上のレベルで英会話をしたい人、TOEFLやIELTSなどの対策をしたい人であれば、ネイティブのカナダ人講師など、目的や予算に合わせて選択できます。

日本人スタッフによる無料カウンセリングも用意されているため、具体的なサービス内容等を確認してみることをおすすめします。

Universal Speakingで英語学習をスタートさせよう:まとめ

Universal Speakingのメリットとデメリットを解説してきました。

Universal Speakingは講師の国籍を選択できて、自由度の高いカリキュラムでIELTSなどの資格対策ができる魅力あるオンライン英会話です。

目標をもって資格対策をしたい人でも、英語初心者の人でも楽しくレッスンが進められるよう、入会前のカウンセリングが用意されている他、ステップを踏んで学べる設計になっていることも大きなポイントです。

まずは、Universal Speakingが自分に合っているのかを確認するためにも、入会前の無料カウンセリングと、無料体験を受講してみてはいかがでしょうか。

人気記事【まとめ】信頼できるサイトで紹介されている本当におすすめのオンライン英会話