海外映画を観て英語を勉強する方法

リスニング

今日では英語の勉強法は本当にたくさんあります。

最近では英会話教室がたくさん増えてきましたし、書店に行けば参考書がありすぎて正直どれを選べばわかりませんよね?

そんな中で、「海外映画やドラマを観て英語を勉強する」方法は常に上位にランクインする人気の勉強方法です。

私も海外映画やドラマを観て英語を勉強していた経験があります。

海外映画やドラマを観て英語を勉強することはたくさんのメリットがあります。

そこで本日は「楽しく英語を勉強したい人」や「映画を観て英語を勉強するメリット」について書いていきたいと思います。

英語を楽しくきちんと勉強する方法

勉強はもちろんですが、何をする時に楽しく行った方が脳に定着しやすく継続できるようになっております。

英語の勉強も嫌々するよりも楽しくした方が時間もあっという間に過ぎて、頭に残る印象も良くなります。

それでは、英語を勉強することが嫌な場合はどうすればいいでしょうか。

私の場合は、まず英語を「勉強」するのではなく英語を「楽しむ」べきだと考えております。

なので、参考書を買って毎日カリカリ解いていったりはしていません。

私はYouTubeでハリウッドスターのインタビューを観たり、好きな映画を観て英語を楽しんでおりました。

そして、そこで自分がわからなかった単語や表現をノートにメモして覚えております。

単語帳を買ってただひたすらノートに書いて覚えていくのと、この単語はあのシーンでジョニーデップが言った言葉だと思いながら書いていくのでは、あきらかに後者の方が記憶に残りやすいですよね。

もし単語の意味がわからなかった場合でも、「この単語は確か悲しいシーンで言っていた言葉だから何か悲しい表現に近い意味かもしれない」と推測ができるようにもなります。

そこでお勧めなのが、海外映画を観て英語を勉強する方法です。これから海外映画を観て英語を勉強するメリットをいくつかご紹介していきたいと思います。

海外映画を観て英語を勉強するメリット

海外映画を観て英語を勉強するメリットには、先ほど述べた「楽しく学べる」以外に2つあると私は思います。

まず1つ目は、教科書や参考書には載っていないリアルな英語を学ぶことができる」と言うことです。

少し汚い表現ですが、海外映画やドラマでは頻繁に「son of a bitch」と聞くことがあります。

意味は「この野郎」や「畜生」などと言った感じです。もちろん、これは教科書や参考書には載っていませんよね?教育の中でこれらの言葉は学ぶ必要はないと言われているからです。

しかし、実際に生きていく中では必ずどこかで使う時がありますよね?このように海外映画やドラマでは、私たちの教育では習わない単語や表現を学ぶことができます。

ちなみですが、中学1年生では「how are you?」と言われて「I’m fine. Thank you. And you?」と習います。

このやりとり、実際はほぼ使用しません。

留学経験をした私が感じたことは、「how are you」と言われると「I’m great. Thank you.」や「Hi, how are you」と言ったやり取りが非常に多かったです。

また、実際の映画やドラマを観てみると「I’m good.」で終わるケースがほとんどです。「I’m fine. Thank you. And you?」は硬すぎる表現なのです。

「私はお元気でございます。ありがとうございます。あなたはいかがでしょうか」と言ってニュアンスに近いです。

映画やドラマを観ると、「このシチュエーションではこんな風に言うんだ」や「これでもありなんだ」と思うことが多いです。

そして自分オリジナルノートにわからない単語を書いて覚えていけば良いのです。そして2つ目は、「極力コストを削減できる」ことです。

インターネットで人気参考書を検索するとたくさんの参考書が出てきます。また、書店に行けば「〇〇に選ばれた参考書」や「〇〇に選ばれたベスト参考書」と言ったように書いている本がびっしりと並んでおります。

正直、どれを買うのが正解かわかりませんよね。よくあるのが、書店にいる時だけ「さあ、何を買おうかな」とやる気になってあれもこれも買ってしまいますが、結局はどれから手を付けて良いかわからなくなってしまいます。

そこでお勧めなのが、海外映画を観ることです。今ではAmazonプライムやNetflixなどの会員になれば簡単にいつでもどこでも映画を観ることができます。

年間約¥1,000なでのコスパも大変良いです。

電車の中で観てる時にわからない言葉が出てきたとしても、それを携帯にメモって帰宅後ノートに書けばそれで済むのでいつでもどこでも勉強ができます。

 まとめ(アドバイス)

いかがでしたでしょうか。

海外映画を観て英語を勉強することは大変意味のある勉強方法の1つです。

では、具体的には何をどう観ればいいかという点ですが、観る映画はあなたが好きな映画で問題ないと思います。

ネットにはお勧めの映画が出てきますが、自分が好きではない映画を観ることがまず「勉強の妨げ」になっていますよね。

始めにも述べましたが、「楽しく勉強する」ことが1番大切なことです。

まずは、自分の興味がある映画から学んでみてください。

そして、具体的な方法ですが、これは1つ有効的なやり方があるのでお伝えします。

映画を観る時の理想は、まず「英語音声で字幕無し」その次に「英語音声で英語字幕」そして最後に「英語音声で日本語字幕」の順番で映画を観ることです。

「合計で同じ映画を3回も観ないといけないの?」と思うかもしれませんが、このやり方で確実にスキルが上がります。

この順で映画を観ることによってリスニング以外にも、シチュエーションから物事を推測する力も身に付くのです。

それによって、今後英語で話す時に仮に聞き取れなかったとしてもシチュエーションから相手の意図を推測することができるようになります。

また、慣れてこれば最後の「英語音声で日本語字幕」がいらなくなるかもしれません。

そこまでのレベルに達すればかなり上出来です。

それでは、「楽しく」英語を学んでください!