1月~12月を表す英語と語源、発音法

英語学習

みなさん、こんにちは!英語学習は捗っているでしょうか?

エイプリルフール、すなわち四月嘘のように、英語での月は日常会話に定着しつつありますね。

この記事では、英語で曜日をいう方法とその語源について説明します。

今一度、復習して見ましょう!

英語で月はなんて言うの?

まず初めに、英語で月を表す単語を紹介します。

  • 1月January
  • 2月February
  • 3月March
  • 4月April
  • 5月May
  • 6月June
  • 7月July
  • 8月August
  • 9月September
  • 10月October
  • 11月November
  • 12月December

注意点としては、全ての月を表す単語は大文字(キャピタル)から始まるということです。

これは月だけではなく名前・名称や曜日にも当てはまり、文章の途中でも大文字ですので気をつけましょう。

それぞれの月の発音方法

続いて、それぞれの月の発音法を順番に説明します。

January

Januaryの発音は『ジャニュアリー』で、発音記号は dʒǽnjuèri です。

発音が難しければ、『ジャニュエリー』と発音するとそれっぽく聞こえます。

February

Februaryの発音は『フェブラリー』で、発音記号は fébjuèri です。

実際の発音は、少々ややこしいですが『フェビュラリー』に近いです。

March

Marchの発音は『マーチ』で、発音記号はmɑːrtʃです。大学受験で言われているGMARCHのあの『マーチ』の部分ですね。発音のコツはRを意識して『マルチ』と『マーチ』の中間を、マーチ強めに発音することです。

April

Aprilの発音は『エイプリル』で、発音記号はˈeɪprəlです。

コツはPの部分を控えめに、『エイプルゥ』という感じで発音しましょう!

May

Mayの発音は『メイ』で、発音記号はmeɪです。

少しためて、『メェイ』という感じで発音して見ましょう。

June

Juneの発音は『ジュン』で、発音記号はdʒuːnです。

アクセントがJuの所にあるので、『ジューン』と、ジュを強めに発音して見てください!

July

Julyの発音は『ジュライ』で、発音記号はdʒuˈlaɪです。

ライの部分を長めに、『ジュライ』と発音します。

August

Augustの発音は『オーガスト』で、発音記号はˈɔːɡəstです。

地域によって発音が様々になるこの単語ですが、『アーグスト』と聞こえる人もいるようです。

September

Septemberの発音は『セプテンバー』で、発音記号はsepˈtembərです。

“プ”の部分が消えてしまうため、『セッテンバー』のよう発音するのが特徴です。

また、”バー”のRの発音が難しいので、一度Youtubeなどの音声で聞いて見て、真似するのも良いかもしれません。また、この”バー”の発音はこの後のOctober, November, Decemberでも出てきますので、要注意です。

October

Octoberの発音は『オクトーバー』で、発音記号はɑːkˈtoʊbərです。

Septemberと似ていて、”ク”の音が消えかかるため、『オットーバー』と発音するとそれっぽく聞こえます。

November

Novemberの発音は『ノベンバー』で、発音記号はnoʊˈvembərです。

ポイントはveの部分をしっかりと発音すること。『ノヴェンバー』のようになります。

December

Decemberの発音は『ディセンバー』で、発音記号はdɪˈsembərです。

実際の発音は『ディセンバー』のようになります。

神々たちとラテン数字と月の語源

最後に、月の語源について説明します。

月の語源の多くは、古代の神様たちから名前を取られています。

1月January

ローマ神話で”物事の始まりと終わり”をつかさどる神ヤヌス(Janus)から。

2月February

古代イタリアの清めの神Februusから、またはこの月に行われる古代ローマにおける清めの儀式Februaから。

3月March

ローマ神話の軍神マルス(Mars)から。

4月April

ギリシア神話の女神アフロディテ(Aphrodite)に由来するとされる。また、Aprilisは”開く”の意味であり、つぼみが開き始めることに由来するともされる。

5月May

ローマ神話の豊穣の女神マイアス(Maius)からとされる。(ローマ暦の3番目の月)。

6月June

ローマ歴4番目の月、6月は古代ローマの結婚や出産の女神ジュノー(Juno)から。

7月July

ローマの軍人・政治家、ラテンの文筆家であり、この月に生まれたカエサル(Julius Caesar)の名から。

8月August

初代ローマ皇帝アウグストゥス(Augustus)から。(彼の人生で幸運なできごとがこの月に起きたためとされる)。

9月September

ラテン語でseptem「7番目の月」の意味(3月を初月として)。

10月October

ラテン語でocto「8番目の月」の意味(3月を初月として)。

11月November

ラテン語でnovem「9番目の月」の意味(3月を初月として)。

12月December

ラテン語でdecem「10番目の月」の意味(3月を初月として)。

余談ですが、最後にラテン語が出てきましたが、英語はラテン語の影響を強く受けています。

ラテン語での数字は、下記ですが英単語に触れる中でこれらの単語が出てきた人もいたのではないでしょうか?

  1. Unus
  2. Duo
  3. Tres
  4. Quattuor
  5. Quinque
  6. Sex
  7. Septem
  8. Octo
  9. novem
  10. decem

例えば三角形”Triangle”の”Tri”は、ラテン語の”Tres”から来ています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

英単語はただ覚えるだけでも大丈夫ですが、意味や造形を理解しておくとさらに定着しやすくなりますし、英語のルーツが見えて面白いです。ぜひここで取り上げた以外の言葉の語源も調べて見てください!