英語民間試験の重要性とその勉強方法について

英語学習

近年は日本もグローバル化をして語学、特に英語の重要性が特に叫ばれるようになっています。小学校でも低学年から英語教育を開始する等、その重要性は今後さらに増していく可能性があり、それに伴い、英語民間試験を受ける方も多くいます。

ここでは英語民間試験の重要性とその勉強方法について書いていきます。

なぜ英語の民間試験が重要であるのか

日本の英語教育は今まで文法を中心とする学習でした。最近は、使える英語ということで日常会話等のコミュニケーションに重きを置く傾向があります。

一方で、英語民間試験で問われるのは文法や語彙等の知識面が大きなウェイト占めます。

確かに、コミュニケーション力、特に、会話力をあげていくことは重要ですが、その部分をさらに伸ばすには文法の理解と語彙力が欠かせません。

なぜかというと、語学を使うということは、書く、聞く、会話の3つの要素がありますが、どの要素にも共通をしているのは、きちんとした語学的な知識があり始めてその要素を満たすことができます。

英語民間試験はこれらの要素の土台となる知識の部分を築き上げるのに大変重要な試験であり、その学習は非常に大切なものとなります。

英語の民間試験の勉強方法

それでは、英語民間試験の勉強方法とはどのようにすればよいのでしょうか。

重要なことは、過去問題集などを繰り返し解き、問題の出題パターンと傾向を把握することです。

例えば、TOEICではヒアリングパートとグラマーパートがありますが、毎回出題される問題は違っても出題パターンは非常に似ています。試験を受ける中で大切なことは試験の出題パターンを知り、そのことに慣れることです。これにより本番で緊張することが減り効率的に進むことができます。

また、単語や熟語を単純に機械的に覚えてくよりも、過去問を解くことで、実際の試験でどのような問われ方をするかを理解、把握をすることができ、また、出題をされた中で語彙覚えることで記憶に残りやすくなります。

最後に、出題傾向を熟知することにより時間配分をしっかりと考えて試験にのぞむことができます。試験では時間配分を考えることが非常に大切です。全ての問題がわかっていたにしても時間配分を間違えてしまえばよいスコアを残すことはできません。

そのため、繰り返し問題を解くトレーニングをすることにより自身で苦手パートと得意パートを把握し、時間配分を考えながら試験を受けることができます。

英語の民間試験の勉強がいかせること

次に、英語民間試験がいかせることとして、上記より文法や語彙等をしっかりと勉強をすることで、英語を使った仕事を将来的にしたいと考えたとき非常に役に立ちます。具体的には、英語のプレゼン資料を作成する際、高度な語彙力が求められることが多いです。

管理人のケント:ぼくは基礎部分の勉強をせず、英語環境の仕事に就いたので、電話、メール、資料の作成等、ものすごく苦労しました。 将来の仕事に生かしたい、日常会話レベルで話せるようになりたい、など様々な目標があり勉強していると思いますが、どのレベルの目標でも英語の基礎を学べる民間試験の勉強はとても大切です。

けんとのプロフィール

もし、日常会話しか勉強をしていない場合、友達同士のフランクな会話はできても、ビジネス上で使用するフォーマルな英語に対応をすることはできません。

また、仕事でビジネスメールを書くときにも非常に役に立ちます。例えば、TOEICではビジネス上で使用をする語彙や表現を数多く勉強をするので実践の場で大変役に立ちます。TOEFLでは海外の大学に進むときに必要であるため、専門的な語彙等を学ぶことができます。

更に、翻訳家になる際にも、その土台をしっかりと築くことができます。翻訳家の場合、専門的な英語の知識や誤解が生じないようにしっかりと英語に通訳をしていくことが常に求められます。

文法・語彙的な知識は正確できっちりとした英語を表現するのに大変重要であるのと同時に、これらの土台があることでネイティブが使用をするくだけた表現も論理的に理解ができやすくなります。

おわりに

最近は文法や語彙的なものよりも日常会話の重要性が多く伝えられていますが、英語の民間試験を勉強することは、全ての英語学習の基礎を作る中で大切なものとなります。