ゴルフで100を切る為の練習量に関するアンケート 

調査結果

ゴルフをやっており、何回かコースに出てラウンドを重ねてくると、少しでもスコアアップしたくなりますよね。
スコアの目標は人それぞれですが、ほとんどのゴルファーが、まず第1目標にするのが「100を切る」ではないでしょうか。

男性でも女性でも、100を切れば初心者卒業!というイメージを持っている方も多いと思います。
今回は、その「ゴルフで100を切る為の練習」について調査を行いました。

今回の調査は、スコア100を切った177人のゴルファーの方に下記の内容について調査を行っています。

  • 何年目でスコア100を切ることが出来ましたか?
  • スコア100を切る為に1カ月に何時間練習を行いましたか?
  • スコア100を切る為にどのような練習を行いましたか?
  • どの練習内容が最も効果的だと感じましたか?

回答者情報(男女比、年代などの内訳)

今回のアンケート回答者の割合は、やはり皆さんのイメージ通り、男性の比率が高く、30代~40代が過半数をしめる結果となりました。

また、今回のアンケート回答者の平均ゴルフ歴は12年となっており、5年以上、10年未満と回答した人が全体の32.8%をしめております。

何年練習すれば目標の100を切ることができるのか?

100を切るのに要した年数は最短で3か月、最長で15年かかっており、平均は4.2年かかっています。

今回の調査で、スコア100を切る為の平均年数は4.2年という事が分かりました。

目標の100を切る為には4年以上は続けてみるという一つの指標となったのではないでしょうか。

しかし、4.2年と言っても実際には個々で練習時間や練習内容が違うのも事実です。
では、平均すると何時間の練習量で100を切ることができるのでしょうか?

100を切る為に必要な練習時間

  • 44.6%の人が1カ月の練習時間は10時間以内と回答。
  • 54.8%の人が1カ月の練習時間は15時間以内と回答。
  • 75.7%の人が1カ月の練習時間は20時間以内と回答。

今回の練習時間の調査の結果は、1ヵ月20時間の練習が平均的な数字でした。
上記の調査結果と組み合わせると、平均して月20時間、4年間練習を続けると、スコア100を切れるという結果となっております。

勿論スポーツの成長には個人差もありますし、1カ月の練習時間が20時間以内の方は、スコア100を切る為に長時間練習するのではなく、自分に合った質の高い練習をされているようです。

では具体的にどのような練習が最も効果があったと感じているのでしょうか?

どのような練習を行ったか

今回はスコア100を切る為にどのような練習をしたかを以下の3択より選択してもらいました。

  • プロや上手い人などに教えてもらいながら練習した 50.3%
  • 完全に自分一人で練習した 12.4%
  • 自分一人で練習したが、動画や教材などで学びながら練習した 37.3%

全体の87.6%の人がプロのレッスンや、動画や教材に投資をして練習していることがわかりました。また49.7%の人が独学(一人)で練習していることがわかりました。

ゴルフの上手い方に教わったり、動画や教材で練習することがスコア100を切る為の近道ですね。

それではスコア100を切る為の最も効果があった練習方法は何でしょうか?

最も効果があった練習方法

今回は最も効果があった練習方法を以下の3択より選択してもらいました。

  • コースに出ての練習 50.8%
  • 打ちっぱなしでの練習 42.9%
  • どちらで行っても関係ない 6.2%

全体の約6%のゴルファーがスコア100を切る為に、練習方法は関係ないと回答しているのに対し、全体の93.7%の人がコースに出たり、打ちっぱなしに投資して練習しています。
早くスコア100を切る為にはお金がかかりますが、より実戦形式の練習をした方が上達への近道だと皆さん感じているようです。

また、必ずしもコースに出て練習しないといけないというわけではなく、打ちっぱなしとコースに出ての練習では回答者数に大きな違いがない事から、自分に合った練習方を選ぶ必要があるようです。

まとめ

  • 平均すると、ゴルフでスコア100を切る為には、4年間、月20時間程度の練習が必要。
  • プロに教えてもらうもしくは動画や教材での学習が必要。
  • 100を切る為には、必ずしもコースで練習する必要があるわけではなく、自分に合った練習方法が必要。
当サイトはリンクフリーです
当サイトは管理人の許可なくリンクを張って頂いて問題ございません。

内容をコピー、スクリーンショットや画像のご利用も、該当記事へ「出典」としてリンクを張っていただければ問題ございません。
常識の範囲内でご利用ください。