【コロナ禍】外食頻度と費用に関する調査結果

調査結果

2021年東京では、年が明けてから、緊急事態宣言となりました。6月現在でも緊急事態宣言中であり、いつ解除になるのか、ワクチン接種はいつになるのかなど、なかなか先は見えません。

そんな中、コロナ禍の緊急事態宣言は、外食産業の業績を悪化させました。

今回の調査は、コロナ禍における外食について、外食の頻度、一回あたりに外食に使う金額の増減、外食の優先順位や他に優先しているものについてアンケートを行いました。

回答者詳細(男女比、年代別データ)

  • 調査期間:2021年4月~5月
  • 調査方法:オンラインアンケート
  • 有効回答者数:500人

今回の調査には、10代から60代までの男女500人を対象に調査を行いました。

今回の調査に協力していただいた回答者情報です。

男性27.6%、女性72.4%となっております。年代別のデータでは、30代が37.8%と最も多く、40代が27.6%となっており、その次に20代となっており全体の86.4%を20代から40代で占めています。

デートで行きたい外食ランキング

最初のアンケートとして、コロナの影響は関係なく、単純に「デートで行きたい外食ランキング」のアンケートを調査しました。

1位:お寿司 2位:イタリアン 3位:焼肉 というランキングになりました。この1~3位は圧倒的な人気がありました。

楽しかった外食ですが、コロナの影響はどのくらい大きかったのでしょうか。次から一緒に見ていきましょう。

コロナ禍で外食の頻度と金額について

緊急事態宣言で、飲食店の酒類の提供が禁止となりました。また時短営業の要請もあります。外食に対する消費マインドは、どのくらい変わってしまったのでしょうか。

外食に行く頻度は、9割の人が減ったと回答しました。

1回あたりに外食に使う金額は、変わらないが最も多く66%で、減ったが27.6%で、増えたが6%います。

具体的に1回あたりに外食に使う金額が、増えた人の金額、減った人の金額を合計して平均を算出すると-2,247円/回減っています。

減った大きな要因として、酒類の提供がなくなったことによる、酒代とそのツマミ代が減った理由としてあげられます。外食に行く頻度は、9割の人が減ったと回答し、その1回あたりの金額も、酒とツマミ代が減ったというのが、平均的な数字となっています。

次に、外食した場合、一人あたりのランチとディナーの予算上限は、いくらでしょうか。

ランチは、1000円台が上限と回答する人が約半分でした。

ディナーは、グラフをみてわかるように、各金額ともばらつきがあります。6000円以上と回答する人が多かったです。

「たまにしか外食に行かなくなったので、ちょっと高めのものを食べるようにしている。」という意見が目立ちました。

コロナ禍で外食の優先順位と他に優先しているもの

最後にコロナ禍で、外食の優先順位は変わったのでしょうか。また、変わったならば、外食に変わって何を優先しているのでしょうか。

約8割の人が、優先順位は変わったと回答しました。変わったと回答した人はすべて、優先順位が下がったという回答でした。

その代わり、家での食事、調理家電、VODなど家時間を楽しむことの優先順位があがりました。

関連記事【定額見放題】VODサービス人気ランキングに関する調査結果

まとめ

調査結果

  • 約9割の人は、外食の頻度が減った。また1回あたり外食に使う金額も-2,247円/回となり、酒代とツマミ代が減額の大きな要因であった。
  • ランチの予算上限額は、平均1,558円、ディナーの予算上限額は、3,288円であった。ディナーを外食することが減ったので、少し高い予算にしているという人が多くいました。
  • 外食の優先度について、8割の人が下がったと回答しました。その分お家時間を充実させることの優先度があがりました。

アンケートをまとめていて、外食産業の売り上げ減や、消費マインドの落ち込みを感じました。具体的なパーセンテージや、平均金額など算出できたので、本記事は、有意義な結果を得たと思います。

当サイトはリンクフリーです
当サイトは管理人の許可なくリンクを張って頂いて問題ございません。

内容をコピー、スクリーンショットや画像のご利用も、該当記事へ「出典」としてリンクを張っていただければ問題ございません。
常識の範囲内でご利用ください。