IELTS申し込みの書き方から試験会場の確認のしかたまで徹底解説

IELTS

海外の大学へ留学する、あるいは移住を考えている場合、IELTSスコアが求められることが増えてきました。
でも、どうやって試験の申し込みをすればいいのか、申込は日本語で書いていいのかなど疑問がいろいろあると思います。

ここでは、試験の申し込み入力方法を丁寧に説明します。
やってみると簡単なので、以下を参考に試験準備を進めてくださいね。

この記事を書いている筆者はIELTSが主流なオーストラリアに現在8年間住んでおり、以前に10回ほどIELTSを受けたことがあります。VISAの更新などの度に受ける必要がある為、申請などの流れは熟知しております。

>>Kento Shiomiのプロフィール

この記事に書いてある内容に注意しながら申請すれば、申請時の失敗などは避けられるでしょう。

IELTSの申し込みから試験会場確認までの流れ

申し込みに必要な書類および情報

IELTSに申し込むために事前に必要なものは以下です。

  •  パスポート(受験時に有効期限以内のもの)
  • 受験料: 25,380円
※注意: 2020年8月以降、コンピュータでテストを受ける場合26,400円になります。ペーパーテストは従来と変更ありません。

申し込みの流れ

IELTSの申し込みから受験までは以下の流れになります。難しくはないので、一つ一つこなしていきましょう。

  1. パスポートを取得する
  2. インターネットから受験の申し込み
  3. 受験料納付(クレジットカード支払いが便利)
  4. 受験情報受領(メール、またはマイページで確認)
  5. テストを受ける

IELTSに申し込んでみよう

IELTSの試験申し込みができるサイト

テストの申し込みは以下のサイトからできます。
主催団体のBritish councilやIDPよりも、英検協会やJSAF、バークレーハウスの方がユーザフレンドリーな入力フォームになっています。

英検協会

特徴: ペーパーテストのみ。開催日、開催地が多い。
後半でこの英検協会のサイトをベースに申請方法を解説しているので、とくにこだわりが無ければここから申請して良いでしょう。

公式サイトはこちら

JSAF(日本スタディアブロードファウンデーション)

特徴: ペーパーテストとコンピュータテスト両方が選択できる。開催地、開催日は限られる

公式サイトはこちら

バークレーハウス公式テストセンター

特徴: コンピュータのみ。開催場所は東京都大阪に限定される

公式サイトはこちら

 IDP Japan

IELTS主催団体であるIDPの日本オフィス

公式サイトはこちら

 British council

IELTS主催団体。ペーパーテストの申し込みは英検協会のページへ誘導される。

公式サイトはこちら

IELTSの申し込み書の書き方

ここでは、英検協会から申し込む場合を解説します。他の申し込みサイトの場合、入力フォームは異なりますが、必要な情報は同じです。

なお、IELTSの主催は英国、オーストラリアの団体なので、名前、現住所などすべて英語で表記して登録する必要があります。職業や最終学歴なども英語ですが、リストから選択できるようになっていますので、当てはまるものを選べば大丈夫です。

受験情報

  • 受験地: リストから希望する受験地を選択する
  • 受験モジュール: 留学ならAcademic、移民や就職ならGeneral
  • 希望受験日: 定員いっぱいになると選択できないように色が変わっている

受験者情報

項目解説
IELTS ID新規登録する場合は6文字以上12文字以下。英数字のみ、記号不可。すでに持っている場合は以下の入力を省略できる
パスワード6文字以上12文字以下。英数字のみ、記号不可
肩書Mr、Ms.など敬称
氏名氏family name -> 名first nameの順なので注意
住所県、市、町名はすべて英語表記する
電話番号ハイフンはなくてもよいが、あったほうが読みまちがいが減る
メールアドレス受験情報が受け取れる有効なアドレスを登録する
メールによる情報配信Noでもテスト申し込み情報はとどく。定期的な試験情報を受け取りたいかでYES/Noを選ぶ
連絡方法特に理由がなければEMAILを選択。何かあったときのやりとりを文字に残した方がよい
生年月日パスポート記載の情報と合致している必要がある
性別パスポート上の性別を記載する
パスポート番号間違えているとテスト当日拒否されますので正しく登録してください
パスポート有効期限テスト日に有効である必要があります
国籍試験で使用するパスポートに記載の国籍を入力してください
母国語自分の第一言語を選択すればよいです。とくに問題なければ日本語を選択
職業もっとも近いものを選択する。主夫主婦はOtherを選択
職業レベル自営業、経営者、上級従業員(=管理職)、従業員、使用人、学生など自分の職業にもっとも近いものを選択する。主夫主婦はOtherを選択
学校名/勤務先名正式名称で入力したほうがよい。無職の場合はnon-workerなどなんらかの入力が必要
受験理由もっとも自分の目的に近いものを選択する
渡航予定国あとで変更になる場合もあるので、予定でよい
過去のIELTS受験履歴経験があれば、過去の受験地、受験日を入力
英語学習をどこで行っているか任意質問なのでat School、On-job、Self-studyなどもっとも長い時間英語を学習している場所、スタイルを記載する
最終学歴secondary up to 16 years=中学卒業
secondary 16 -19 years=高校卒業
degree or equivalent=学位修了、大学卒業
post-graduate=大学院修了、博士課程修了
英語の学習年数おおよそでよい
受験確認書の言語母国語が日本語なら、日本語で確認したほうがよい

成績証明書原本のお届け先

  • 氏名: 届け先が日本国内なら日本語。郵便屋さんがわかりやすい言語で記載したほうが良い。
  • 郵便番号: 届け先郵便番号
  • 住所: 届け先が日本国内なら日本語。郵便屋さんがわかりやすい言語で記載したほうが良い。

規約と免責事項への合意

最後に規約と免責事項について合意する。チェックボックスがOnにならないと次へ進むことができない。

以上で申し込みフォームへの入力は終了です。

受験料納付

申し込みと同時にクレジットカード決済するのがもっとも簡単な方法です。自分の名義でなくても、親の名義のクレジットカードでも支払い可能です。
もちろん、親の承諾の下で使用してください。

コンビニ(ローソン・ミニストップ・セイコーマート・ファミリーマート)払い、郵ちょATMでの支払いも選択可能です。

IELTSの試験日と試験会場の確認方法

申し込んだテスト日の15日前からマイページで自分のテスト日、テスト会場が確認できます。試験会場も記載されているはずですが、もし不明点があれば申し込みをした主催団体に自分の受験番号を伝え、会場を確認してください。

申し込み時の注意点

パスポート期限

試験を受けるためには有効期限内のパスポートが必要です。申し込み時は有効期限以内でも、試験当日有効期限切れになっている場合は受験ができません。

VISA取得のためのパスポート提出

VISAを取得するためには、パスポートを当該国の大使館に提出する必要があります。
VISA申請する場合は試験までの日数を考慮するか、留学までに十分時間があるなら試験後にVISA申請するとよいでしょう。

もし試験当日までにパスポートが手元に戻っていない場合は試験は受けれず、キャンセルになります。
なお、この場合は手数料6,300円を差し引いた残りの受験料が返金されます。

英検協会以外からの申し込みについて

今回は英検協会から申し込む方法について解説しましたが、JSAF、バークレー校などから申し込んだ場合は、コンピュータ受験が選択できたり、申し込み変更の期限が異なります。
詳細は各主催団体のホームページを参照ください。

まとめ

いかがでしたか?IELTSの試験申し込みはできましたか? やってみたら意外と簡単でしょう。
さて、申し込みができて安心せずに、次は試験対策に取り掛かりましょう。IELTSは試験を受けるチャンスは何度もありますが、受験料が結構高いですよね。

試験内容を理解して、なるべく少ない回数で合格ラインのスコアを取りましょう。

ここでは様々な英語に関する記事を紹介しております。
その中でも短期間で飛躍的に英語力を伸ばし、IELTSの必要スコアを取る為にはオンライン英会話が最もおすすめです。

IELTSに特化したオンライン英会話や様々な教材を提供しているところなどありますので、興味のある方は下記の記事を参照してください。

人気記事【2020年最新】オンライン英会話7社を徹底比較【すべて無料です】