直前までできること for IELTS

IELTS

今きっとこの記事を読んでいるあなたは、IELTSの試験が直前で最後まで努力して少しでもいい点を取ろうとしている方だと思います。

わかります、その気持ち。

僕もかつてはそんなあなたと同じでした。

そして今日は、そんな方たちに向けて直前まで少しでも僕ができると思うことを書いて行こうと思います。

IELTSは直前の準備次第で結果が大きく変わる

大そうなタイトルになっていますが、これは本当のことです。

直前までにできることを諦めずにやってください。

例えば普段使い慣れてるシャーペンはちゃんと筆箱に入っているかとかパスポートはちゃんとかばんの中に入れてあるかなど些細なこともです。

少しでも不安を感じてしまうと、それは精神的にテストに大きく影響を及ぼしてきます。

今の段階で疑問に思うことや不安に思うことは全て解消しておいてください!

全てのテストにおいて、完璧に準備しておくことは必要不可欠

これは大学受験を通して僕が得た結論ですね。

私は一橋大学経済学部に現役合格しているのですが、私立受験にやや失敗しています。

例えば、早稲田大学の商学部には合格をもらうことができたのですが慶應義塾大学の商学部には落ちています。

原因は完全に準備不足です。

試験会場に受験票を忘れていってしまったのです。

もちろん試験自体は受験することができたのですが、精神的に大いに慌ててしまい、全く数学と英語の試験に集中して取り組むことができませんでした。

当然ですがこの2科目は(別にこの科目に限った話ではないのですが)、120%の集中力を発揮して取り組まないと対処不可能なレベルの強者です。

難しい試験は何でもそうなのですが、全てを忘れて試験に没頭する必要がありIELTSも例外ではありません。

ちなみに、私ごとになりますがこの日は受験票を忘れただけならまだよかったのですが、休憩中には腹痛にまで襲われ・・・

今思い出しても寒気がするほどあの日は人生最悪な日でした・・・。

IELTSでは前日までに何を準備しておくべきなのか

では前日までに何をしていく必要があるのでしょうか。

まずパスポートです。

これだけは絶対に忘れてはいけません。

パスポートがないとそもそも受験剃らさせてもらえないので注意してください!あと筆記用具も忘れずに持っていってください!日本でもし受験する場合は筆記用具は自分のものを使う必要があります。

ちなみに私は、一度だけシンガポールの会場でもIELTSを受験したことがあるのですが、その際は筆記用具等は全てIELTS側が手配をしておいてくれていました。

おそらくカンニング防止策を徹底しているのでしょう。。。すごい!

次に試験会場までの交通費と場所の把握です!IELTSは遅刻してしまうと、試験を受けさせてもらえない可能性があります。

そのため当日は遅刻を絶対しないようにしてください!今の時代は、google mapをきちんと使いこなすことができれば大丈夫だとは思いますが・・・

そして最後にお昼ご飯です。

スピーキングを当日に行うという方は結構なハードスケジュールになっていると思います。

外のレストランにご飯を食べにいくなどでもいいのですが、そんな時間がない場合もあるので、出来る限り事前にコンビニなどで昼食を買っておくかあるいは家から持参するかなどをしてください。

あと試験前日は早く寝るようにしてください!そして早く起きるようにもしてください!人間の脳は起きてから3時間ほどしないと活性化しないと言われています。

それに睡眠時間が短いと、どうしても最初のリーディングで集中力が散漫になってしまったり眠くなってしまったりするため要注意です!僕の体験談になりますが、試験前は長く寝れば寝るだけ集中力の質が高まり最高のパフォーマンスができると思います!

 ギリギリの当日朝まで、できること

これは試験会場に着く途中までTEDtalkをイヤホンで聞きながらいくのがおすすめです。

このようにすることで朝から完全に自分の脳を英語脳にすることができます。

よって試験が始まってもすんなりと英語の世界に入っていくことが可能なわけです。

あるいは電車の中で一度TEDtalkを止めて、英文を読むのもいいでしょう。

試験はリーディングからスタートします。

よってリーディングを成功させれるかどうかで、その後の3つの試験のパフォーマンスにも影響してきます。

朝から英文を読んでおくことで上と言っていることがかぶるのですが、あまり抵抗なくすんなりと試験に集中していくことが可能となるでしょう。

まとめ

IELTSの試験前!まずは気になってることや心残りはないか、もう一度確認してみてください!当然、忘れ物チェックもしてくださいね!

試験ギリギリまで対策して少しでも点数を伸ばすことが可能です。

スポーツでもなんでもそうですが、当日のコンディションは試験の結果に大きく影響します。

完璧な状態で自分が出せる最大限の力を発揮してきてください!応援しています!