英語を基礎から勉強しなおしたい!学習方法やおすすめのツールを紹介

英語学習
  • 基礎から英語を学びたい
  • 英会話を習ってみたいけど基礎を忘れた
  • そもそも基礎から勉強したほうがいいの?

上記のような不安を持っている方も結構いるのではないでしょうか。

英語の基礎があやふやになっていると、英語を聞くことも話すこともより難しく感じてしまいます。

このサイトでは英語学習に最も大切なのは、リスニングで、実際に話して、聞いて英語を覚えましょうという話をするのですが、確かに、話して喋りながら同時に文法などの勉強をすることはとても効果的です。

また、完全に基礎がない状態の人が、急に英会話を始めるのもハードルが高いでしょう。

そこで、ここでは英語を基礎から勉強しなおす大切さや方法を紹介しながら、参考書や動画などのおすすめツールを紹介していきますよ。

 

この記事を書いている人
現在ぼくは、海外で8年間生活しており、現地の会社で働いているので、仕事もプライベートも英語です。

そんな僕も最初はBe動詞すらわからないレベルでした。

今回は昔の自分に今の僕だからわかる勉強法を伝えていきたいと思います。

Kento Shiomiのプロフィール

 

なぜ英語の基礎が大切なのか

大人向けの英語教材は英語を聞くことや話すことに重点を置いたものが多く、さらに英語は目からではなく耳から覚えることを推奨する意見も沢山あります。

現に僕も耳から覚えることを進めています。

理由は日本人が日本語を覚えるように英語の学習をすれば英語脳が出来上がり、文法などの細かいルールは後で自然についてくるからです。

ですが、やはり

  • 急に英会話を始められない
  • そんな環境に飛び込む勇気がない

という方は多いです。

そんな方は、まずは中学生ぐらいまでの英語の知識をつけることで大きく変わります。

簡単な英文も出てこない

ある程度基礎的な英文法や単語力もあるならたとえ会話が苦手だとしてもオンライン英会話に通うなどして英語を話す機会を増やすと順調に上達していきます。

でも基本的な文法や単語が分からない場合、例えば“昨日映画を見に行った”というようなシンプルな文章を英語で話すのにも戸惑ってしまうことになります。

英会話を習うにしてもやはり中学校で習うくらいの文法や単語はおさらいして思い出しておきたいですね。

中学英語はある程度できるし、すごくカタコトだけど、英語の理解はできるという方!時間がもったいないです。

オンライン英会話などに通った方が飛躍的にあなたの英語力は上がります。

関連記事【2020年最新】オンライン英会話7社を徹底比較【すべて無料です】

基礎がないと教材を理解できない

会話だけでなく、リスニングでもリーディングでもそれにライティングでも文法や単語などの基礎がいまいちだと理解するのが大変です。

確かに文法や単語は英語を使わないといけない状況での実用的なスキルとは言えないかもしれませんが、読んだり書いたり聞いたりするための下地になります。

下地がないとその上に知識やスキルが上手く積み上げていけないので、まずは基礎から固めておきたいんですね。

ぼくの場合、基礎も何もないところから完全に英語の環境に飛び込みましたが、やはり全然しゃべれるようにならなかったので1から英語の基礎を勉強しました。

ぼくの肌感覚では基礎があるのかないのかで3倍以上は英語の伸びるスピードが違います。

大人が1から基礎英語を身につける方法

英語の基礎力があることはとても大切ですが、わたしたち大人が基礎を学びなおすにはどうすればいいのでしょうか。

家で自分で勉強していく方法を紹介します。

まず中学生向けの参考書をやってみる

基礎英語は大体中学校の英語の授業で習うような文法や単語の内容のことを言います。

なのでまずは中学英語の参考書を1つ購入して、最初から最後まで目を通してみましょう。

中学生用の参考書を買うのは抵抗があるかもしれませんが、中学英語の内容を高校生や大人向けに解説してくれているものもあるので大丈夫ですよ。

英語の基礎を解説したサイトや動画を活用する

参考書を読んでみてもいまいちよくわからない箇所も出てくるかもしれません。

中学英語でも冠詞の使い方や関係代名詞などは結構ややこしいですよね。

そんな時は英語の基礎を解説した動画やサイトを利用してみてください。

色々な解説を見ていくうちに少しずつ理解が深まって行くことも考えられますね。

英語を基礎から勉強するのにおすすめのツールを紹介

最後に英語を基礎からやり直したい時に頼りになるおすすめの参考書やサイトそれにラジオ番組や動画などのツールを紹介していきます。

何から手を付けていいかどうかわからなくて悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。

参考書『中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。』

中学で習う英語の基礎を丸々復習できる参考書です。

手書きの親しみ溢れる文体で英語のしくみや文法について詳しく説明されていて、各項には練習問題もついています。

掲載されている文を読み上げたCDもセットになっていて、リスニングや音読の練習に使うことができますよ。

参考書『大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】 (名人の授業)』

英語の一番基礎になる文法をまるで塾の講義を聞いているような形式で丁寧に解説してくれている参考書です。

大学受験用となっていますが、内容は中学で習う英語のおさらいなので気軽に挑戦できますよ。

NHKラジオには沢山の英語に関するプログラムがありますが、基礎固めに便利なのは中学で習う英語について扱う『基礎英語1~3』です。

NHKのサイトで音声が公開されているのでラジオの放送時間を気にせずいつでも好きな時に聞くことができますよ。

下記でも詳しく紹介しています

英語の文法解説サイト『英基礎』

テキストを買っても続くかどうか自信がないと感じている方は、まずはサイトを利用して見るのもいいですね。

この英基礎というサイトでは、中学で習う英文法について詳しく解説されています。

簡単な練習問題もあるので自分の理解度も確認できますよ。

動画:『中1英文法最速完全攻略動画?- スティーブンの英語塾 奇跡の教材 Vol.1』

自習でわかりにくいところがある場合、基礎英語を解説した動画を取り入れてみるのもいいですね。

この動画では中学1年生で習う内容を約35分で振り返ることができますよ。

中学2年生の内容を扱うVol.2と中学3年生のVol.3もあるので合わせて見てみてくださいね。

中1英文法最速完全攻略動画?- スティーブンの英語塾 奇跡の教材 Vol.1

動画での学習に関しては、リスニングの向上という面から様々な人の英語を毎日聞いた方が良いです。

おすすめの動画なども下記に紹介しております。

関連記事英語学習がもっと面白くなるYoutube4選!【もちろん無料!】

まとめ

英語の基礎をやり直すというのは地味で味気ない作業のように感じるかもしれませんが、これを理解していないと英語を話したり書いたり読んだりするのも難しくなってしまいます。

英会話を習得したいと決めたらまずは基礎からというのは実は一番の近道なのかもしれませんね。

まずは基礎文法の復習から始めてみてください。

人気記事【2020年最新】オンライン英会話7社を徹底比較【すべて無料です】