77%が(いつか)禁煙したいと回答!タバコについてアンケート調査

調査結果

「食事終わりに一服。」

「ひと仕事終わったときに、気分転換のため。」

などタバコを吸いたくなる場面はさまざまです。

今回は、「タバコ」についてアンケート調査をおこないました。電子タバコ、紙タバコどちらが人気か、どのくらいの人が禁煙しようと思っているのか、タバコをやめたいと思ったきっかけなどアンケート調査いたしました。

回答者詳細(年代別データ)

今回の調査には、20代から60代までの男女500人を対象に調査を行いました。

今回の調査に協力していただいた回答者情報です。男性は48.4%、女性は51.6%という男女比です。年代別のデータでは、30代が34.2%と最も多く、40代が27.2%となっており、その次に20代となっております。全体の85.2%を20代から40代で占めています。

  • 調査期間:2021年5月~6月
  • 調査方法:オンラインアンケート
  • 有効回答者数:500名

電子タバコVS紙タバコどちらが人気?

近年普及した電子タバコと、古くから親しまれてきた紙タバコは、どのくらいの人気があるのでしょうか。

紙タバコ55%、電子タバコ34.0%という結果でした。電子タバコがかなり普及している反面、半数以上の方は紙タバコを吸い続けております。

吸いたいと思う場所は?

紙タバコと電子タバコの人気差は、大体5対3の割合でした。そんなタバコを吸いたいと思う場所は、どこが多いのでしょうか。一般的に禁煙とされている場所も含め、どういった場所で吸いたいと感じるのか調査を行いました。

  • 1位 自宅
  • 2位 飲食店
  • 3位 職場
  • 4位 自家用車
  • 5位 ホテル

このような結果でした。

自宅でリラックスしているときに吸いたい。周りを気にしないで吸いたいという意見が多かったです。次に2位にランキングしている飲食店について調査しました。

喫煙家からみた入りたい飲食店

タバコを吸いたいと思うランキングで2位だった飲食店ですが、全面喫煙家、完全分煙、禁煙では、どの飲食店に入りやすいのでしょうか。

完全分煙が最も人気がありました。タバコを吸う人と、吸わない人の住み分けが大事ですね。喫煙者の中には、9.6%の方が禁煙の飲食店を望んでいる方もいました。

禁煙について

電子タバコが普及してきましたが、紙タバコがまだまだ人気があります。タバコの健康被害は広く知られています。また、タバコ代の出費も抑えたいですよね。

どのくらいの人が、禁煙しようと思っているのでしょうか?調査いたしました。

いつか禁煙するが50%、禁煙する予定が27%となりました。合計すると77%がいつか禁煙するもしくは、禁煙するとの回答で、禁煙について考えている人が多い結果となりました。

タバコやめたいorやめない理由ランキング

最後にタバコをやめたい理由と、やめない理由をランキングでまとめました。

やめたいと思ったきっかけについて。

  • 1位 タバコ代が高いから
  • 2位 健康のため
  • 3位 喫煙場所がへったため
  • 4位 周囲(家族・パートナー・友達)の勧め
  • 5位 口臭やニオイが気になるから

やはり、タバコ代と健康については断トツで、やめたいと思う理由として多かったです。

次に、それでもタバコを、やめないと思う理由についてです。

  • 1位 リラックスできるから
  • 2位 気分転換になるから
  • 3位 ストレスがたまるから
  • 4位 生活の一部だから
  • 5位 口寂しいから

リラックスや気分転換の効果があることと、タバコをやめるとストレスになることが、タバコをやめない理由としては大きいことが分かりました。

まとめ

調査結果

  • 紙タバコと電子タバコは、5対3に割合で、紙タバコのほうが多いが、電子タバコもかなり普及してきた。
  • タバコを吸いたい場所は、自宅、飲食店、職場の順であった。飲食店は、完全分煙に約7割の人が入りたいと思っている。
  • 77%の人が、禁煙する予定、もしくはいつか禁煙する予定で、禁煙に対する意識は高かった。
  • タバコをやめたいと思ったきっかけは、タバコ代が高いこと、健康のためが断トツで多かった。
  • タバコをやめたいと思わない理由は、リラックスや、気分転換など効果があることと、タバコをやめるとストレスになることが、やめない理由としては多かった。
当サイトはリンクフリーです
当サイトは管理人の許可なくリンクを張って頂いて問題ございません。

内容をコピー、スクリーンショットや画像のご利用も、該当記事へ「出典」としてリンクを張っていただければ問題ございません。
常識の範囲内でご利用ください。